講習会情報

ROBOMECH2018 Choreonoid講習会

ロボティクス・メカトロニクス講演会 2018 in Kitakyushuチュートリアル・ワークショップ の企画として、ロボットシミュレータChoreonoidの使用方法に関する講習会を行います。

概要

  • 日時: 2018年6月3日(日) 10:00〜17:00
  • 場所: ROBOMECH2018会場 西日本総合展示場新館 3F 301会議室
  • 主催: 産業技術総合研究所
  • 講師: 中岡慎一郎 (Choreonoid開発者)
  • 定員: 24名 (先着順)
  • 参加費: 無料
  • 参加条件: Ubuntu Linux 16.04上にChoreonoid開発版をインストールしたノートパソコンを持参すること

注釈

本講習会の実習内容は昨年開催されたものと同様で、まだ講習会を受けていない初心者の方を対象としています。

参加登録

参加には事前の登録が必要です。 参加者の情報として、

  • 氏名
  • 所属(任意)
  • メールアドレス

を明記の上、以下のメールアドレスに参加希望の旨送信してください。

追って確認のメールを返信いたします。 既に定員を超えていた場合はその旨お知らせしますので、ご了承ください。

参加予定の方には、 講習会の開催日までに、Choreonoidのアップデートやマニュアルのダウンロード等をお願いする予定です。 これについては本ページや参加登録者宛のメールでお知らせしますので、その際はご対応をお願い致します。

講習会に関するご質問・ご要望等がありましたら、上記のChoreonoid講習会事務局までお問い合わせください。

参加条件

本講習会では各自ノートパソコンをご持参いただき、そこで講師の説明した内容を試していただきます。

このノートパソコンについて、

  • Ubuntu Linux 16.04(64bit版)上に最新のChoreonoid開発版がインストールされ、動かせるようになっていること

を条件とします。

OSがWindowsではなくUbuntu Linuxであること、Choreonoidはリリース版ではなく開発版であることに注意して下さい。開発版のインストール方法については、

を参考にしてください。

注釈

4月26日にリリース予定の Ubuntu Linux 18.04 での参加も可能としたく思っています。詳細は18.04のリリース後にお知らせします。

ハードウェアのスペックとしては、

  • CPU: Intel Core i シリーズ、AMD Ryzen シリーズ
  • メモリ: 4GB以上
  • GPU: Core i内蔵GPU(Intel HD Graphics) もしくは nVidia製GPU (GeForce or Quadro)

を推奨します。

ノートパソコンへのUbuntuのインストールが難しい場合は、仮想化ソフトウェアを用いて環境を構築することも可能です。その場合は以下の条件を満たすようにしてください。

  • ホストOS: Windows (Windows7以上) 64bit版
  • 仮想化ソフトウェア: VMWare Workstation Player 最新版 (12.5以上、無償版でもOK)

当方で、この条件を満たす環境でChoreonoidがひととおり動かせることを確認しております。この条件での環境構築の方法を、

にまとめましたので、参考にしてください。

注釈

Mac上で仮想化ソフトウェアを用いてインストールした場合の動作は当方では未確認です。また、 VirtualBoxについてはChoreonoidの動作に支障があることが確認されていますので、使用は避けてください。 その他上記以外の環境については、当方では正常に動作する保証ができませんので、もし使用される場合は参加者各位の責任でお願いします。

なお、実習においてはノートパソコンを稼働しつづける必要がありますので、各自 ACアダプタもご持参いただきますよう お願いします。

必須ではありませんが、USB接続可能なゲームパッドをお持ちの場合は、ご持参いただけると実習においてゲームパッドでの操作が可能となります。主な対応ゲームパッドは以下になります。

注釈

PCとの接続は基本的にUSBで行います。USBケーブルが付属しないゲームパッドについては、接続用のUSBケーブルも用意して下さい。DUALSHOCK4については、 USBワイヤレスアダプター による接続も可能です。

講習プログラム

  • 10:00〜10:30 講演「Choreonoidの概要」
  • Choreonoidとは何か
  • 開発背景・設計思想について
  • 機能の紹介
  • 応用事例の紹介
  • 今後の展開について
  • 10:30〜12:00 実習1 「モデルの作成」
  • 12:00〜13:00 昼休み
  • 13:00〜14:50 実習2 「コントローラの作成」
  • 実習1で作成したモバイルロボットを動作させるためのコントローラをC++言語を用いて作成し,これを用いたシミュレーションを行います. ChoreonoidマニュアルTankチュートリアル をテキストとします。
  • 15:00〜17:00 実習3 「デバイスの利用方法」
  • 実習1、2の発展として、ロボットモデルにライトやカメラといったデバイスを搭載し、コントローラから利用する方法を学びます。

参加者の興味や経験に応じて、各パートへの部分的な参加も可能です。ただし後半のパートはそれ以前のパートで学ぶ知識を前提としていますので、その点は予めご了承ください。部分的な参加を希望される方は申込時にその旨お知らせください。