関連論文

フレームワーク

  • 中岡慎一郎: “拡張可能なロボット用統合GUI環境Choreonoid”, 日本ロボット学会誌, vol.31, no.3, pp.12-17, 2013
  • Shin’ichiro Nakaoka, “Choreonoid: Extensible Virtual Robot Environment Built on an Integrated GUI Framework”, Proc. of the 2012 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2012)”, pp.79-85, December, 2012. Best Paper Award (Robotics) .
  • Shin’ichiro Nakaoka, “Choreonoid as a Software Framework for Implementing Graphical Robotics Applications”, The 29th Annual Conference of the Robotics Society of Japan (International Session: Advances in Open-source Robotics Tools ), 2Q1-2, September, 2011 ( PDF ).
  • 中岡慎一郎, 比留川博久:”OpenRT Platform / 動作パターン設計ツール”, ロボティクス・メカトロニクス講演会‘09 (ROBOMEC‘09), 2A2-C12, 2009年5月 ( PDF ).

レンダリング

  • 中岡慎一郎, 金広文男: “災害対応ロボットシミュレータChoreonoidの視野画像シミュレーション機能”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016, 1A2-08b6, 横浜, 2016年6月.

ミドルウェア連携

  • 金広文男, 中岡慎一郎, 金広 文男: “災害対応ロボットシミュレータChoreonoidのROS連携機能”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016, 1A2-10a1, 横浜, 2016年6月.

遠隔操作

  • Shin’ichiro Nakaoka, Mitsuharu Morisawa, Rafael Cisneros, Takeshi Sakaguchi, Shuuji Kajita, Kenji Kaneko and Fumio Kanehiro, “Task Sequencer Integrated into a Teleoperation Interface for Biped Humanoid Robots”, Proceedings of the 15th IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots, pp.895–900, Seoul, Korea, November, 2015.
  • Rafael Cisneros, Takeshi Sakaguchi, Shuuji Kajita, Shin’ichiro Nakaoka, Mitsuharu Morisawa, Kenji Kaneko and Fumio Kanehiro, “Task-Level Teleoperation Manipulation for the {HRP-2Kai} Humanoid Robot”, Proceedings of the 15th IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots, Seoul, Korea, November, 2015.
  • 中岡慎一郎、森澤光晴、CISNEROS RAFAEL、阪口健、梶田秀司、金子健二、金広文男: “Choreonoidを用いたヒューマノイドロボット用遠隔操作インタフェースの開発とDARPA Robotics Challengeにおける検証”, 第33回日本ロボット学会学術講演会, 東京, 2015年9月.
  • Shin’ichiro Nakaoka, Mitsuharu Morisawa, Kenji Kaneko, Shuuji Kajita and Fumio Kanehiro, “Development of an Indirect-type Teleoperation Interface for Biped Humanoid Robots”, Proceedings of the 2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2014), pp. 590–596, Tokyo, Japan, December, 2014.

動作振り付け

  • 米倉健太、中岡慎一郎、横井一仁:”人の全身姿勢からヒューマノイドの全身姿勢を入力するインタフェースの開発(その2)”, 第12回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2011), 1C1-1, 2011年12月.
  • 米倉健太, 中岡慎一郎, 横井一仁:”人の全身姿勢からヒューマノイドの全身姿勢を入力するインタフェースの開発 (その1)”, ロボティクス・メカトロニクス講演会‘11 (ROBOMEC‘11), 2P2-J12, 2011年5月 ( PDF ).
  • Shin’ichiro Nakaoka, Shuuji Kajita and Kazuhito Yokoi, “Intuitive and Flexible User Interface for Creating Whole Body Motions of Biped Humanoid Robots”, Proc. 2010 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.1675-1682, October 2010. Best Paper Finalist, NTF Award Finalist for Entertainment Robots and Systems.
  • Shin’ichiro Nakaoka, Fumio Kanehiro, Kanako Miura, Mitsuharu Morisawa, Kiyoshi Fujiwara, Kenji Kaneko, Shuuji Kajita and Hirohisa Hirukawa, “Creating Facial Motions of Cybernetic Human HRP-4C”, Proc. 9th IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots, pp.561-567, December 2009.
  • 中岡慎一郎、金広文男、三浦郁奈子、森澤光晴、藤原清司、金子健二、梶田秀司、比留川博久:”サイバネティックヒューマンHRP-4Cの開発 -顔動作作成システム-”, 1S3-04 ( PDF ).

ロボットコンテンツ

  • 中岡慎一郎、三浦郁奈子、森澤光晴、金広文男、金子健二、梶田秀司、横井一仁: “ヒューマノイドロボットのコンテンツ技術化に向けて - クリエイターによる多様な表現の創出が可能な二足歩行ヒューマノイドロボットの実現 -”, Synthesiology, vol.4, no.2, pp.80-91, 2011 ( PDF ).
  • 中岡慎一郎、梶田秀司、三浦郁奈子、森澤光晴、横井一仁:”ロボット動作振り付けソフトウェアChoreonoidによるコンテンツ制作実験”, 第29回日本ロボット学会学術講演会, 1J3-1, 2011年9月 ( PDF ).

動力学エンジン

  • Shin’ichiro Nakaoka, Shizuko Hattori, Fumio Kanehiro, Shuuji Kajita and Hirohisa Hirukawa, “Constraint-based Dynamics Simulator for Humanoid Robots with Shock Absorbing Mechanisms”, Proc. 2007 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.3641-3647, October 2007.
  • 中岡慎一郎、服部静子、金広文男、梶田秀司、比留川博久:”Gauss-Seidel 法の拡張による剛体関節機構の接触/拘束力計算”, 第8回計測自動制御学会システムインテグレーション部門会(SI2007), 3A1-3, 2007年12月 ( PDF ).
  • 中岡慎一郎、服部静子、金広文男、梶田秀司、比留川博久:”ProjectedGauss-Seidel法の拡張による剛体関節機構の接触力計算”, 第25回日本ロボット学会学術講演会, 1I24, 2007年9月 ( PDF ).
  • 中岡慎一郎、服部静子、金広文男、梶田秀司、比留川博久:”LCPに基づく接触力計算を用いたヒューマノイドロボットの力学シミュレーション”, ロボティクス・メカトロニクス講演会‘07 (ROBOMEC‘07), 1A1-A08, 2007年5月 ( PDF ).