外部拡張機能

ここでは、コレオノイド本体とは独立して開発・公開されている拡張機能について紹介します。

アームの先端にハンドが取り付けられた構成のロボットシステムに対して、把持計画、軌道計画、作業計画など、種々の計画問題を解くことが出来るプラグインです。辻徳生氏(九州大学/産総研)と原田研介氏(産総研)によって開発・公開されています。
移動作業用ロボットプラットフォームである MobileHIRO の操作用統合環境において、コレオノイドがGUIのベースとして使われています。これを用いることにより、3Dモデルによる移動・把持動作計画を作成し計画の確認を行いながら、移動・把持計画をMobileHIROに送信しロボットの動作検証を行うことが可能となります。NEDO次世代ロボット知能化技術開発プロジェクトにおいて、産総研のグループによって開発されました。