World Robot Summit 2018

2018年10月に開催されたロボットイベント “World Robot Summit (WRS) 2018” では、Choreonoidでシミュレートされる仮想環境内でのロボット競技も開催されました。この競技は「トンネル事故災害対応・復旧チャレンジ」と題して、インフラ・災害対応カテゴリー の一競技として開催されました。(WRSでは全体で4つのカテゴリーからなるロボット競技会 World Robot Challenge (WRC) 2018 が開催されました。)

本ドキュメントはこの競技への参加にあたっ必要な技術情報をまとめたものです。競技に必要なモデルやシミュレーションの設定等はChoreonoidのサンプルとして含まれており、競技に参加しなかった方でも試すことができます。これはChoreonoidの実践的な活用方法を学ぶ上でも有用なサンプルとなっています。