今後の予定

今後は以下の実現に向けて開発を進めていきたく思っています。

  • COLLADAファイルフォーマットへの対応
  • Pythonによるスクリプティング機能
  • カメラ画像のシミュレーション
  • RT System Editor 相当のRTコンポーネント接続編集機能
  • 3Dモデルのテクスチャのサポート
  • ポイントクラウドのレンダリング
  • シミュレーション中のモデルにインタラクティブに力を加える機能
  • ROSとの連携

また、開発版のリポジトリをgithub等で公開したく思っています。

要望・提案などありましたら、ぜひメーリングリストにてお知らせください。

(2013年8月29日更新)